• 神へのお供え
  • 神に祈る。意を伝える為にお供えをする。
    我々の先人は、自らが汗をかき身体を動かし、自然の力と恵み(神様のお力)をお借りして作った農作物をお供えしてきました。 現在では、それに変わるものとして、自ら汗をかき働いて稼いだお金をお供えするようになりました。 それが初穂に代わる初穂料玉串料です。

社殿でのご祈祷玉串料について

  • 個人でのご祈祷】
     5,000円以上任意のお志でお供え下さい。10,000円以上の場合は、玉串拝礼による特別参拝をご案内申し上げます。
    団体でのご祈祷】
     10,000円以上任意のお志でお供え下さい。代表者の玉串拝礼による特別参拝をご案内申し上げます。

    玉串料とは、神職の労働(変な言い方ですが)に対する報酬ではなく、 祈願者の願いを神様にお聞きいただくための神様への御供えです。
    従って、お供えの金額を定めるのは本義ではありませんが、 最近は「参考金額を教えて欲しい」とのお声を大変に多くもお聞きするようになりましたので、 神社社殿での御祈願の玉串料(初穂料)の金額を、平成19年から定めることと致しました。

    玉串料の包み方
    表書きは、初穂料(はつほりょう)、あるいは玉串料(たまぐしりょう)と書き、 一般的な紅白の祝儀袋や、白い無地の封筒に包みます。

    進物用の包み紙や、祝儀袋・不祝儀袋の水引には蝶結び(下図の左側)と結びきり(下図の右側)があります。

    蝶結びはその結び紐が何度も使えることから、何度あっても良い事に使用し、 結び切りは、その紐は1回しか使えないことから結婚式や葬儀の時に使います。
    ただ最近は、大変に凝った結び方をしたものがお店で販売されていますので、 あくまでも参考までに・・・

    まめ知識
    この初穂料(玉串料)は、現在ではお金をお包みするのが一般的になりました。

    しかし昔は、実りの秋には神様に感謝の気持ちを込めて、 その年の最初に実った稲穂を神様に御供えしました。 野菜や果物、魚などの初物も同じで、 初穂という言葉はここから始まっています。

    また玉串とは、 榊の枝に白い紙を折った御幣を付けた物で、 諸祭典で行う玉串奉奠で神前に御供えする物です。
    玉串料、初穂料共に、神前に御供えする料という意味で、 それぞれに意味の違いや区別はありません。


    縁起が良いとされる数字
    中国の陰陽道の影響か、古来より日本では奇数を吉数とする考え方が一般的です。
    暦の上でも、1月1日元旦、3月3日桃の節句、5月5日端午の節句、 7月7日七夕、9月9日重陽の節句と奇数ぞろ目の日はめでたい日となっていますし、 下世話なところでは、パチンコの大当たりも、 奇数のぞろ目が確率変動大フィーバーの設定となっています。
    七五三詣りにしても陽数の年齢。結婚のお祝いなども3万円や5万円と奇数を選ばれることが多いですね。 お供えやお祝いを包む際のご参考にして下さい。