お問合わせ
0823-21-2508

トピックス
季節の行事やトピックスをご紹介します

旧呉市の総氏神 亀山神社公式ホームページにようこそお越し下さいました。
令和元年6月にホームページをガラッとデザインを刷新しい、当社のホームページも平成11年の開設から数えて 5世代目となりました。
この「トピックス」ページでは、季節ごとの行事予定やお知らせを中心に掲載していますのでご覧下さい。 またホームページ全体として、できるだけ判りやすく神社や神道のことをご紹介していきたいと思っております。
フェイスブック公式ページ インスタグラム公式ページと合わせて、どうぞご覧下さい!

新型コロナウィルスへの対応と社務の状況について

5月14日に広島県では緊急事態宣言解除され、 21日には関西の3府県でも緊急事態宣言解除、 22日には広島県内での外出自粛と事業者の休業要請が全面解除されました。 少しずつですが、出口が見えそうな気配が感じられるようになってきましたね。 これをうけて5月23日現在の当社の対策と対応についてご案内申し上げます。

とりあえず以下の通りとして、6月30日まで行い、 6月末の状況を見て7月の対応を更新致します。
6月30日までの間でも状況に応じて社務対応を変更する場合がございますので、どうぞご了承ください。

【自由参拝(殿外での参拝)について】
午前5時の開門、午後5時の閉門は通常通りおこないます。
自由参拝(拝殿正面の社殿外での参拝)は、 通常通り自由にご参拝いただけます。万が一混雑している場合は、 それぞれ十分に間隔を空けてお待ちの上、順にご参拝ください。

【手水について】
当社の手水の構造上、どうしても柄杓を使わないと手水をとることが出来ませんので、 感染拡大防止の観点から、当面のあいだ手水舎の使用を中止しております。
こういったときですので手水無しの参拝でも神様はお許し下さるはず。参道をゆっくりと歩を進め、気持ちを静めてお詣り下さい。

【授与所(受付窓口)】
通常通り、午前9時から午後4時まで窓口で受付け致します。
窓口では、神職、巫女ともにマスク着用にて対応させていただきます。

【社殿内での各種ご祈祷】
通常通り、午前9時から午後4時まで窓口で受付け致します。
換気を徹底するため、拝殿のと 出入り口の常時開けております。 (荒天の場合などの例外あり)
お座りいただく胡床(ご祈祷時にお座りいただく椅子)は、 中央通路前後の間隔約2mとっています。 横の並びの間隔は通常通りにしていますので、ご家族で近くに並んで座って戴いても結構ですし、 飛び飛びにお座りいただき十分間隔をとっていただいても結構です。
祭典終了後に御守りやお下がりを授与する際は、神職がマスクを着用してご奉仕致します。

参拝者待合室には皆様にお使いいただける手指のアルコール消毒液を置き、 トイレなどのドアノブ、ご祈祷受付所の筆記具等々、できる限り頻繁に食器用消毒液にて消毒を行なっていますが、 「ウィルスが絶対に付着していない」とは、当然ながら言い切れません。
口や鼻、目などなるべく触らず、家にお帰りになったら是非手洗いとうがいを行なって下さいね。

夏越大祓や秋祭りの予定は、年間行事のページをご覧下さい。

この事態が1日も早く終息することを祈るとともに、氏子崇敬者皆様方のご健康をお祈り申し上げます。

記念事業「令和の大修繕」ご奉賛のお願い

昭和30年建築の現社殿も、今年で築65年を迎えます。鉄筋コンクリート造り建造物の寿命と言われる年数の半分を超えました。 そこで、令和改元を記念して、入船山からの遷座130年の節目にあたり、修繕と補強工事を中心とした 記念事業「令和の大修繕 ~次世代へ繋ぐ~」を行なうことと致しました。
皆様方の格別のご理解とご協力をいただきまして、本事業へのご奉賛を賜わりますようよろしくお願い申し上げます。

厄年・八方除けの年齢早見表

令和元年(2019年)令和2年(2020年)数え年一覧表を掲載いたしました!
男の42歳、女の33歳というよく知られた年齢以外にも厄年があるんですよ。年齢のお祓いは一般的に数え年で行い、 数え年満年齢より1才か2才ずれるので、どうぞご確認下さい!
また、「数え年」の意味は、当ホームページ内 「まめ知識」→「日本人の生活に溶け込んだ習俗や慣習」→「数え年」をご覧下さい。

安産祈願と戌の日

お問合せの多い安産祈願と戌の日について掲載しています。 子は国の宝ですから、嬉しい限りです^^
安産祈願のご案内ページに、 戌の日の一覧を 掲載しておりますので、ご覧下さい。

ご奉納・ご寄進のご紹介

◆神社東門入口 椿 植樹
令和元年5月15日 奉納奉告祭斎行(亀山神社氏子総代 松尾昭彦・民恵ご夫妻)

天皇陛下御即位を奉祝して、神社東門周辺に呉市の市花でもある椿を植樹戴きました。
車両の進入口でもある神社東門は、鳥居のある表参道よりも人の出入りが多いくらいの場所ですが、 少し寂しかった入口周辺が椿で覆われて呉の神社らしい景観となりました。
心より感謝申し上げます。

お問い合わせはコチラ

当社からの返信メールを受信できるよう設定してください

0823-21-2508

電話対応時間:毎日 9:00~17:00

ページトップへ戻る