• 夏越大祓(ナゴシノオオハラエ)は、毎年6月30日、 つまり1年のちょうど半分が終わった日に行うお祓いの神事です。 (旧暦で行う神社もあります)
    何気なく日常の生活を送っていても、知らず知らずのうちに罪(ツミ)や穢れ (ケガレ)が体に溜まっていきます。 体に溜まったそのツミやケガレを祓い落とすのが「夏越大祓」です。
    体に溜まった半年分の罪穢れをヒトガタに託してお祓いし、 元の清々しい身体に再生する、と言う意味があります。
    再生した心身で、一年の後半初日を清々しくお迎え下さい。

夏越大祓の主な行事

  • 【6月30日夏越大祓当日】
    09:00~15:30 大祓祈願 随時斎行
    16:00~16:30 夏越大祓祭 斎行 殿内参列者全員へ茅の輪御守り配布
    16:30~16:50 茅の輪くぐり神事。お開き

大祓祈願とヒトガタ

  • 6月30日当日は、ご祈祷受付時間(午前9時から午後4時)の間、 夏越大祓祈願をはじめ一般各種ご祈願ご祈祷の受付を行っております。

    【ご祈祷受付時間】
    午前9時00分~午後3時45分の間、随時受付
    ご祈祷受付用紙に、ご住所、お名前など必要事項をご記入の上、 ご祈祷玉串料と一緒に受付の巫女または神職にお渡し下さい。
    (※殿内でご祈祷の皆様全員に亀山神社茅の輪御守りをお授けします。)

    【ご祈祷の玉串料】
    大祓祈願では、一家族3000円以上お志にてお供え下さい。 初宮詣りや交通安全祈願など一般各種御祈願は5000円以上お志にてお供え下さい。

    【人形(ヒトガタ)】
    「人形(ヒトガタ)」とは、文字通り次の図のように人の形をした紙のことです。 このヒトガタに、「お名前」と「年齢」を書き込み、そして息を一息吹きかけます。
    まるで映画『陰陽師』のワンシーンのようですが、これで、我が身の罪穢れをこのヒトガタに託す、 という一種のおまじないです。 次に、自分の身体をこのヒトガタで何度か擦って下さい。 これにより、日常の生活をしていく中で知らず知らずに体につもった罪や穢れ、災いをヒトガタに移します。
    節分当日は、社殿正面にヒトガタ箱を設置していますので、そちらにヒトガタをお入れ下さい。

    【ヒトガタの玉串料】
    ヒトガタは、一人一枚お書きのうえ、一家族みなさまご一緒でヒトガタ箱にお入れ下さい。 玉串料は一家族1000円以上お志にて、ヒトガタ箱に一緒にお供え下さい。


茅の輪くぐり

  • 半年の締めくくりとして、 夏越大祓祭の一連行事(祭典→茅の輪くぐり行事)を午後4時から斎行します。
    【夏越大祓】
    亀山神社拝殿にて、6月30日午後4時から斎行します。 一般参拝者も自由に参列いただけます。
    【茅の輪くぐり】
    拝殿内での大祓の神事に引き続き、午後4時30分頃から社殿正面にておこないます。 ヒトガタを先頭に神職に続いて参列者全員で茅の輪を3度くぐります。
    茅の輪のくぐり方はこちらをご覧下さい。