お問合わせ
0823-21-2508

夏越大祓(なごしのおおはらえ)
水無月の夏越の祓する人は 千歳(ちとせ)の命 延(の)ぶというなり

コロナウィルスで落ち着かない日々が続きますが、 広島県では先月の自粛解除後も新たな感染者が発生していない状況も踏まえ、 三密に気を付けながら例年通り夏越大祓を開催致します。

夏越大祓は、疫病退散の意味も持つ神事です。 コロナ禍の今だからこそ、ヒトガタにケガレを託し、お祓いをお受けになってみてはいかがでしょう。

夏越大祓(なごしのおおはらえ)は、毎年6月30日、 つまり1年のちょうど半分が終わる日に行うお祓いの神事です。(旧暦で行う神社もあります)

何気なく日常の生活を送っていても、知らず知らずのうちに溜まっていく 罪(つみ)や穢(けが)れ。 その体に溜まった罪や穢れを祓い落とすのがこの「夏越大祓」です。
新年を迎えてから6月30日までの半年分の罪穢れを人形(ひとがた)に託してお祓いをし、 青々と生命力溢れる茅で作った茅の輪をくぐり抜けて、 誰もが生まれながらに持つ元の清々しい心身に再生し蘇らせる夏越大祓。
蘇った心身で、疲れが溜まって夏バテしがちな暑い夏を乗り切って、 一年の後半を清々しく元気でお過ごし下さい。

夏越大祓の主な行事

09:00~15:30  殿内にて一般参拝者の夏越大祓祈願随時斎行
16:00~16:30  夏越大祓祭 斎行
16:30~16:50  茅の輪くぐり神事 お開き

【新型コロナウィルスへの対応】
令和2年6月30日の夏越大祓は、社殿内の席数を減らして席の間隔を十分に確保し、 社殿の窓と扉は全開(荒天の場合は状況に寄ります)た上で斎行致します。
参列人数が多い場合は、何グループかに分けて祭典を行なう予定です。 (平日の開催のため、事前受付やヒトガタの受付者を除いた午後4時からの祭典参列人数は、例年20~30名ですので、 2グループに分けて行なうと、十分に席の間隔を確保できると思います)

参拝者待合室には皆様にお使いいただける手指のアルコール消毒液を置き、 トイレなどのドアノブ、ご祈祷受付所の筆記具等々、できる限り頻繁に食器用消毒液にて消毒を行なっていますが、 「ウィルスが絶対に付着していない」とは、当然ながら言い切れません。 口や鼻、目などなるべく触らず、家にお帰りになったら是非手洗いとうがいを行なっていただくようお願い申し上げます。

夏越大祓祈願と人形(ひとがた)

ご祈祷受付時間

6月30日 午前9時~午後3時30分の間、随時受付
ご祈祷受付用紙に、ご住所、お名前など必要事項をご記入の上、 ご祈祷玉串料と一緒に受付の巫女または神職にお渡し下さい。

6月30日当日に参列が出来ない方で夏越大祓祈願をご希望の皆様は、 前日までにご祈祷玉串料とご祈祷受付用紙を社務所窓口にお出し下さい。茅の輪守りをお授けします。
(※6月30日に殿内でご祈祷の皆様全員に 亀山神社茅の輪守りをお授けします。)

ご祈祷の玉串料

夏越大祓祈願 一家族 3,000円以上お志
一般各種御祈願 一祈願 5,000円以上お志
特別参拝  10,000円以上お志
にてお供え下さい。
一般各種祈願とは、赤ちゃんのお宮参りや交通安全祈願など夏越大祓とは別の祈願を指します。
特別参拝は、夏越大祓祈願・一般各種祈願を問わず受付致します。
特別参拝とは、通常の参拝に加えて 紙垂をつけた榊をお供えする玉串奉奠と、金の御幣でお祓いする金幣拝戴を行います。

人形(ひとがた)

「人形(ひとがた)」とは、文字通り次の図のように人の形をした紙のことです。
このヒトガタに、「お名前」と「年齢」を書き込み、 そして息を一息吹きかけます。 まるで映画『陰陽師』のワンシーンのようですが、これで、 我が身の罪穢れをこの人形に託す、 という一種のおまじないです。
次に、この人形で自分の身体を何度か擦って下さい。 これにより、日常の生活をしていく中で知らず知らずに体につもった罪や穢れ、災いを人形に移します。

5月1日から社殿正面に人形箱を設置していますので、そちらに人形をお入れ下さい。

人形(ひとがた)の玉串料

人形(ひとがた)は、一人につき一枚ずつ、お名前と年齢をお書きのうえ、 人形箱にお入れ下さい。
玉串料は1家族 1,000円以上お志 にて、人形箱に一緒にお供え下さい。

茅の輪くぐり

拝殿内での夏越大祓祭に引き続き、午後4時30分頃から亀山神社社殿正面にておこないます。
人形(ひとがた)を先頭に、神職が夏越大祓の和歌を詠みながら先導して、参列者全員で茅の輪を3度くぐります。 茅の輪のくぐり方はこちらをご覧下さい。

お問い合わせはコチラ

当社からの返信メールを受信できるよう設定してください

0823-21-2508

電話対応時間:毎日 9:00~17:00

ページトップへ戻る