• 旧呉市の総氏神 亀山神社公式ホームページにようこそお越し下さいました。
    神社参拝の証印となる御朱印を集める当社オリジナルの 御朱印帳を奉製致しました。このページでは当社オリジナル御朱印についてご紹介致します。 どうぞご覧下さい。
    御朱印とは
    当社オリジナルの御朱印帳について
    御朱印の受け方

御朱印とは


当社オリジナル御朱印帳ついて

御朱印の受け方

  • 前述のとおり、御朱印は参拝の証である、ということを忘れず御朱印をいただきましょう。 神社でもお寺でも、その宗派の作法に則ってお参りをいたします。
    当社の場合であれば、まずは鳥居をくぐり、手水舎にて手を口を注ぎ清めます。手水を取ったら、参道の端を歩き、 ご神前まで歩を進めます。ご神前に到着したという意味で軽い会釈をし、お賽銭をお供えし、 二拝二拍手一拝の作法でお参りしましょう。 (神社によっては作法が異なりますので先に確認をするといいでしょう)

    続いて、御朱印の受付所(当社では社務所のお守り授与の窓口)にて御朱印をお願いして、御朱印の初穂料をお供えして、 ご自身の御朱印帳を預けます。御朱印の初穂料は、300円~500円程度の定めがある場合が多いようです。 当社では、300円以上のお志にてお供えいただいております。

    御朱印帳を忘れた場合は、 その旨伝えれば、持ち帰って貼れるような形の御朱印を頂ける場合があるので、 受付で相談してみるといいですよ。当社ではB6サイズ程度に切った奉書紙に御朱印を押印してお授けしています。
    また、忘れたのも何かのご縁ということで、そちらの神社のオリジナル御朱印帳をお求めになるというのもよいでしょう。
    参拝者の多い寺社では、御朱印を頂くのにかなり待つ場合がありますので、 その際はお参りの前に受付に預けるのも良いかもしれません。 また、神社の神事や行事の日などは神社の神職さんや職員さんが 対応できない場合があります。
    その際は、日を改めて御朱印をお受けください。

    集め方には定めはありませんが、 現在は神道と仏教が区別されていますので、お寺と神社で御朱印帳を分けてみるとか、 全国の一宮だけを集める御朱印帳をつくる、とか、 県別の御朱印帳を分ける、などなど 楽しみながらお参りができるよう、ご自身で色々と工夫してみてはいかがでしょうか!