参拝やお供えの作法について

  • 参拝の作法
    玉串料の包み方  社殿でのお詣り  出張祭典 
    礼の作法
    古いお守りの納め方

  • 礼の作法
    • 神社神道での拝礼の作法は、現在日本で「」とつく色々な教え、 例えば「茶道」「華道」「書道」「剣道」等々の礼の作法とほぼ同じだと思います。
      というよりは、「道」とつくものはすべて「神道」につながると言った方がよいかもしれませんね。

      神社にお詣りする際は、鳥居をくぐり、手水をとり、心を落ち着けながら神前まで進みます。
      この時に、普段の生活という日常(ケ)と 神前という非日常(ハレ)への切り替わりを意識しながら、 心静かに歩み進むことができると、最高だと思います。
      お賽銭箱の前に着いたら、会釈程度の浅い礼をして、 神様への御供えのお賽銭をお供えし、参拝します。 鈴のある神社では、賽銭をうつ前に鈴を鳴らしましょう。鈴は一般住宅の呼び鈴と同じ意味です。

      参拝は、2礼2拍手1礼(2回礼をして、2回手を叩き、 最後にもう1回礼をする)にて行います。 礼や拍手は相手に敬意を表す行為ですが、それらを2回ずつ繰り返すことにより、 神さまに対する最高の敬意を表すものです。

      お賽銭箱の前に着いたときの会釈程度の軽い礼は揖(ゆう)、 参拝する際の2礼2拍手1礼の礼は拝(はい)と呼びます。 このように神道の作法では、礼にそれぞれ名前が付いていて、 どういった場面で行う礼かによって、姿勢や礼の角度もかわってきます。
      以下に、それぞれの礼の説明を書いていますので、興味のある方はご覧下さい。

      拝(はい)・・・ 90度の礼
      ご神前で参拝する際の、2礼2拍手1礼の礼をと呼びます。 拝は、腰が直角(90度)になるまで曲げる一番深い礼で、相手に対する最高の敬意を表します。 従って、礼をする対象が神様の時のみに行います。
      礼の作法には、立って行う立礼(リュウレイ)と、座って行う座礼(ザレイ)がありますが、 どちらの場合も、腰から頭のてっぺんまでが一つの棒に なったという意識で礼をすると綺麗な作法となります。

      立礼の場合は、自分の膝頭を手のひらで包み込むように持つ位置が、ほぼ90度の礼となります。
      座礼の場合は、自分の額が床に平行に着くくらいの位置が、ほぼ90度の礼となります。

      揖(ゆう)・・・ 15度の礼と、45度の礼
      揖には深い揖=深揖(しんゆう)と、 浅い揖=小揖(しょうゆう)があり、深揖は45度、小揖は15度の礼です。
      お賽銭箱の前に着いたとき、三歩手前で立ち止まり、 まず神前に到着したご挨拶の意味で小揖をおこないます。 そして賽銭箱の近くまで三歩前へ進み、 「これからお詣りをいたします」というご挨拶の意味で 深揖をおこないます。 その後、鈴がある場合は鈴を鳴らし、お賽銭をお供えし、2礼2拍手1礼の作法でお詣りすると、 我々神職がご神前でおこなうのと全く同じ正式な作法となります。 替えるときは逆をおこなって下さい。

      立礼では、「気を付け」の姿勢で体の横にあった手を、背中を伸ばしたまま両足の股関節付近まで移動させると 約15度の礼となります。 股関節に持っていった両手を、背中を伸ばしたまま太ももの真ん中辺りまで下げると、約45度の礼となります。
      座礼の場合は、両手を膝頭まで移動させ、伸ばした指先が床に触れる程度の位置が約15度の礼、 そのまま深く腰を曲げていき、肘を伸ばしたまま手の平がぺったり床に着く位置が約45度の礼となります。
      文章で書くと難解ですが、「気をつけ」の姿勢から背筋を伸ばしたまま、 大体でよいので、15度、45度、90度と腰からお辞儀をしてみましょう。
      角度に細かい決まりがあるのは、神様(本殿)までの距離の違いや、 礼の意味の軽重によって礼の浅深を区別するからです。